只今はRPG+αを作成中・・・
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 制作中

制作中

「東の国の秋穫祭」敵キャラクター紹介

5月になりました。先日は同人音楽イベント「M3」に一般参加してきたekus-Uです。ネット上で、或いはその場で試聴して気に入った作品を制作された方々と直接話せる、繋がりが持てる機会というのはやはり有難いなあ・・・とか考えております。
例大祭まであと3週間!どんな人、どんな作品と出会えるのか楽しみ楽しみ。
前回の更新から少し間が空いてしまいましたが、今回は「東の国の秋穫祭」体験版に登場するボスキャラをご紹介。原作より少し昔の幻想郷の秋―――謎の異変解決に立ち上がった4人の前に立ちはだかる者とは!?
敵キャラ紹介① 「キスメ」
「秋の日は釣瓶落とし」―ということで釣瓶落としの妖怪、キスメさん登場です。釣瓶は落としてきませんが、代わりに鬼火を落としてきます。危ねえ!秋バリア(?)で回避するのだ!
kisume1.png
kisume2.png
敵キャラ紹介② 「博麗の巫女」
hakurei1.png
仕事熱心で民からの信頼も厚かったが、それ故にただ役職のみで呼ばれ、名前で彼女を呼ぶものはほとんど居なかった。
幻想郷の東の神社、博霊神社の巫女。秋の実りが得られぬ異変に、大事な後継ぎが飢えてはならぬと異変解決に飛び出す。しかし…
「…お腹減ったわねぇ」
彼女も人間、腹が減っては戦が出来ぬ。そこに通りかかる秋の神様…と、妖怪?
「怪しいわ。神様と妖怪が組むなんて、きっと何かたくらんでるに決まってる!」
rasyomon4.png
秋姉妹たちと目的は一緒なのに何故喧嘩になる!?仕方がないので応戦することに…
次回も敵キャラ紹介は続きます。

「東の国の秋穫祭」ゲームシステム解説

今回は新作シューティング「東の国の秋穫祭」のシステムをご説明。何だか説明書みたいに長くなってしまいましたがご容赦を~。
本作では紅美鈴と河城にとり、二人のどちらかを操作し、秋姉妹がそれをサポートします。
ここで重要なポイントが「サポートキャラの切り替え」。
姉の靜葉が赤のバリア、妹の穣子が青のバリアを張って同色の弾を吸収できるようになるので、敵の攻撃に応じて2色のバリアを切り替えて進みます。この部分は「斑鳩」というSTGに似たルールです。
flowRoot3854-1.png
ちなみに、吸収可能な弾は少し見た目が変わります。
どんなに危険な弾幕も、このサポート切替をうまく使えば切り抜けられる!・・・はず。ただし、吸収できない色の攻撃もたまに飛んでくるのでご注意を。
そしてもうひとつのポイントが「秋穫祭モード」。
本作では、弾を吸収したり道中でアイテムを取得すると画面左のゲージ(秋ゲージ)が溜まっていきます。
image3012.png
このゲージが満タンになると「秋穫祭モード」が発動!バリア範囲の拡大、オート喰らいボム、当たり判定の縮小、更には攻撃力アップといいことずくめです。
一定時間が経つと秋穫祭モードは解除されてしまいますが、モード発動中は「秋ゲージが回復しやすい」というメリットもあります。ですから積極的に弾を吸収すれば直ぐに秋穫祭モードが再発動できるわけです。いかに秋穫祭モードを発動・持続するかが本作のキーポイントになってます。
Stage1_Meiling_amarecco20130413-211811[000].avi_000110766.jpg
上は秋穫祭モード発動時の様子。背景がちょっと変わります。
―このように本作は、サポートキャラである秋姉妹を随時切り替えながら敵の弾幕を吸収し、秋穫祭モードで自分をパワーアップさせていく仕組みになっています。
名づけて「秋システム」!ヒネり無し!(ぇ
次回は本作に登場する敵キャラを紹介します。

「東の国の秋穫祭」制作進捗(5月例大祭に向けて)

1年近くのご無沙汰(!) 「石読工房の雑用担当」ことekus-Uでございます。えらく間が空きましたが現在制作中の作品の進捗状況をば。例大祭ももうすぐですからね!
サークルHPの方では既に掲載していますが、現在我々のサークルは東方2次STG「東の国の秋穫祭」体験版を鋭意製作中です。5月の例大祭にも無事当選できましたからね、いよいよ制作もスパートをかける時だ!…といいつつ大して広報してこなかったので…orz
amarecco20130403-013846[000].avi_000149766.jpg
こちらは開発中のゲーム画面です。
<お話のあらすじ>
――舞台は幻想郷の秋、かの博麗霊夢が活躍する時代より少しだけ昔のお話。
収穫祭を控えて活気づく筈のこの時期に、人間の里の者たちは飢えと乾きに苦しんでいた。ある日突然、里を流れる河水が枯れて作物が育たなくなってしまったからだ。原因を探るにしても、妖怪の住みつく山には立ち入ることはできず、人間達は途方に暮れていた。
そこで、異変解決の為に二人の妖怪が立ち上がった。
一人は紅魔館の門番、紅美鈴。この時、新しく紅魔館にやってきた人間のメイドが病気になってしまったので、彼女の為栄養のある食べ物を調達しようと里に下りてきた所で事件を聞きつけ、協力することに。
そしてもう一人は人間を慕うエンジニア気質の河童、河城にとり。山河の水不足は盟友たる人間は勿論、河童にとっても死活問題。この事件に対しては、かなりご立腹の様子。
そしてもう二人、目的を同じくする神様がいた。秋の豊穣を司る、秋静葉•穣子の姉妹だ。かくして二人の妖怪は豊穣の神の加護を受け、事件の真相を追うべく妖怪の山へ向かうのだった―――!
amarecco20130403-013846[000].avi_000141933.jpg
amarecco20130403-224456[000].avi_000076033.jpg
次回は本作のゲームシステムを解説します。お楽しみに(?)
追記:4月3日23時20分 文章などを一部修正

『月下楼情曲』プレイ動画公開

本サークルの作品『月下楼情曲』のプレイ動画をつくってみました。
作品の宣伝になって・・・いるのか・・・?

3面弾幕サンプル

製作状況です。3面の弾幕サンプル。
とりあえず弾幕のプログラミングはほぼ終了しました。
プリバは複数キャラ+楽器を制御するのが非常に面倒臭(ry
クリパスキュラレイズ(20fps)’.mp4
キャラのアニメーションとかプリバ独自のスペル背景とか、まだまだ演出面で足りてない部分は多いんですが。弾幕が無事完成したのでそこらをこれからじっくり増し増ししていく感じです。

「東方楼情曲」PVを公開しました!

[二次創作] 東方楼情曲 PVらしきモノ
更新頻度は遅いけどちゃんと作ってますよ! って毎回言いたくなるけどちゃんと更新しろという話ですね。
一つ、例大祭受かりました! L-28b「石読工房」にてお待ちしております!
もう一つ、ekus-U作のプロモーション動画を公開しました! カナリ凝った出来になっていると思います(当社比)。どうぞ、コメントの一つ二つでも置いていって下さい!

難易度調整・体験版公開間近

WS000224.jpg
クリスマス? え?
鋭意制作中です。相変わらず亀な更新ですが製作スピードはなかなか。
楽曲や効果音などもバージョンアップしつつ、今は難易度調整の段階まで来ています。
1面のボスはメディスン。画像はLunaticですが、全3面とやや短めのこともあり高難易度だと序盤から飛ばしてきます。体験版を公開したらまた微調整はするんですがね。このあたりのテストプレイは自分でもやっていて楽しい。

2ボス制作中

もっと頻繁に更新せにゃあかんな-。製作自体は順調に進んでます。
ただ……やはり最初の見積もりは得てして甘いものだったりするわけで、1月には体験版! と意気込んでいたのはちょっと厳しいかも。まあ、例大祭には十分間に合うけれども。
WS000223.jpg
さて、今作っているのは2面ボス、この東方らしからぬ骸骨ですが、トーテンタンツという名の怨霊です。ボスとしては唯一のオリキャラ。
スペルカードはトリッキーでいやらしい弾幕をというコンセプトなんですが、実にいやらしいです。シンプルで弾はそんなに多くないのにやたら避けづらい。初心者から遊べるとか書いたけど本当に初心者が遊べるのか……そのあたりはこれから調整。
とまあ、そんな感じで早く公開できるよう頑張ります。

ランキング参照画面へ……

リプレイモードだけ先に作る予定だったのが、いつの間にかランキング画面とかまで作る流れに……。
まあいつかは作るものだしプログラミング自体の調子はいいのでいいんですが。
画像とかで見せられるコンテンツがないのが残念。

リプレイモード制作中

更新が遅い……というかあまりブログが続かないたちなんですが、
ちょくちょく進行状況を書いていこうと思います。
一番ネックだった音楽関係の協力者が見つかり(そのうちメンバー紹介に載せます)、がぜんテンション上がり気味。
リプレイは結構めんどそうだったので後回しにしようかと思ってたんですが、音楽のメンバーの方(仮)がプレイの方は全く初心者なので、リプレイを早めに作ってプレイしなくても雰囲気をつかめるようにしようかと。というわけで、リプレイモード作ってます。
東方に限らず、リプレイモードを搭載しているゲームは結構あります。基本的に、リプレイってのは、そのリプレイ動画を保存しているのではなくて、プレイヤーの入力とランダム部分の種みたいなものを保存しているんですね。ちょうど、すごろくが、はじめから出る目が全部分かっていれば同じゲームを再現できるのと同じです。いつ、どこにいたかを逐一記録するのではなく、より単純に記録できるデータを記録しています。
というわけで、まあそんな風に作ろうと思っていたんですが……思わぬ壁、キーコンフィグ。
単純に、何のボタンを押したかだけを記録すると、キーコンフィグで別のキーを割り当てたときに、例えばショットボタンをボムボタンに割り当てた時に、全く違う動作をしてしまうわけです。
そのあたりの細かい部分を詰めつつ、ようやく3割といったところでしょうか。
今週の金曜にまた人に会う予定です。一枚絵を描いて下さるかもしれない方……。

« 1 3 4 5

石読工房Twitter

PAGETOP
Copyright © 石読工房 All Rights Reserved.