ボスの弾幕を「封殺」してボーナスを取得
ボスの攻撃を突破する方法は大きく分けて二つあります。一つはショットやボムで攻撃して体力ゲージを0にする方法、もう一つは敵弾を大量に吸収して相手の封殺ゲージを0にする方法です。より細かく分類すると、5つの突破方法があります。
黄字は達成すると「御札(スペルカード)取得」となります。

【突破】敵の体力ゲージを0にする
【刻限】攻撃の制限時間が切れる
【完勝】ノーミス・ノーボム(秋穫祭発動は可)で
制限時間内に敵の体力ゲージを0にする
【封殺】完勝の条件を満たした上で、体力ゲージの
半分以上を後述のカウンター攻撃で減らす
【完全封殺】完勝の条件を満たした上で、体力ゲージを
後述のカウンター攻撃のみで0にする

カウンター攻撃は、ボスが「御札攻撃」をして来る時だけに使用できる攻撃方法です。

「御札攻撃」では、ボスが図のように星型の弾を出してきます。
秋穫祭モード発動中に星弾を吸収した場合、秋姉妹がボスにカウンターで反撃します。

星弾を取ると、画面上にコンボ数が、ステージ画面左下にコンボゲージが現れます。
このコンボゲージが途切れないうちに星弾を続けて吸収すると、コンボ数が増えていきます。コンボゲージは通常の弾を吸収しても回復するので、星弾が来ない時は通常の弾を吸収してゲージをキープしましょう。
また、「秋穫祭」を再発動させると、その時点でゲージが全回復します。

カウンター攻撃は最初はごく弱い威力ですが、コンボを重ねるごとに弾数が増え、一発一発の威力もどんどん上がっていきます。

カウンター攻撃での撃破が確定すると、サポートキャラのカットインが入ります。
(これ以降は敵の攻撃には当たりません)

完全封殺達成です。
完全封殺を達成すると、自機のレベルが「3」、封殺をするとレベルが「1」上がるボーナスがつきます。また、撃破時の得点もやや高くなります。
自機のレベルはステージを越えて引き継がれるので、序盤の簡単なスペルだけでも「封殺」を狙っていくと、後の方で楽になるかも知れません。

弾の当たり判定
弾幕シューティングゲームに共通することですが、画面にはいつも大量の弾がばらまかれています。ですが、自機や弾の当たり判定(当たるとミスになる部分の大きさ)は非常に小さく、例えばこれくらい近くを通っても当たりません。
  
状況によっては弾をできるだけ小さく避けたほうが楽な場合も多々あり、動くべきか、動かないべきかの見極めが重要な要素になります。
ボム(霊撃)の使いどころ
ボムは、敵に対して強力な攻撃を行い、また一定時間弾を消したり、弾に当たらなくなるという強力な必殺技です。どんなに弾に囲まれているときでもボム一つでピンチを脱出、体勢を立て直すことが出来ます。
また、本作は喰らいボムシステムを搭載しているので、被弾直後の一瞬ならボムを使うことでミスを無効化できます。(この場合サポートキャラがボムを撃ちます)
さらに、秋ゲージが70%以上溜まった状態でボムボタンを押すとボムの代わりに秋穫祭モードが発動しますが、こちらも弾消しや無敵時間があります。ピンチを脱出する手段が色々と充実しています。

つまり、「ピンチの時は迷わずボムボタンを押せ!」ということです。

自機が被弾してミスになった場合、ボムの数は初期値の3に戻ります。だから、ボムを持った状態でミスしてしまうこと(いわゆる「抱え落ち」)は凄くもったいない。慣れない内は、「被弾と同時or直前にボムを使う」というより「少し危ないかも…」くらいで使うのがいいでしょう。
その他のテクニック
このゲームでは敵のほとんどの攻撃がバリアによって吸収可能です。
しかし難易度が高くなってくると「バリア切替を使った弾吸収」だけではなく、「精密な弾回避」のテクニックも必要になります。例としては、「チョン避け」や「切り返し」など、自機狙いの弾を誘導するテクニックなどです。
  
左の画像のように赤い弾と青い弾が同時に自機を狙って飛んできた場合、青いバリアを展開しつつ少しずつ下に動くことで(チョン避け)、青い弾を吸収しながら赤い弾を回避することが出来ます。また、右の画像のように赤と青の弾が同時に大量に飛んできた場合、バリアの色を切り替えると却って混乱してしまいます。バリアの色はそのままで、吸収できない弾を低速移動で慎重に回避した方がいいでしょう。

こういった場面ではバリアの切替よりも従来の弾幕STGにも共通するテクニックが重要になります。敵のパターンごとに最適な回避・攻略方法を探してみましょう。


Since 2013 All rights reserved.
このページに使用されている素材などの無断転載を禁止します。